癒しの園 小国町立病院・老人保健施設「温身の郷」・おぐに訪問看護ステーションの公式ウエブサイト

診療科・部門案内イメージ

研修医のみなさまへ

当院は山形大学医学部附属病院、公立置賜総合病院、米沢市立病院の地域医療研修協力施設です。

当院では、病院一丸となって「良医を育てるお手伝い」をいたします。充実した研修をお約束します。

ぜひ小国町立病院にお越しください。職員一同お待ちしています。

地域医療研修における目標

1.地域包括医療・ケアについて理解を深め、経験すること

地域包括医療・ケアの理解に適切と思われる患者さん、施設の利用者さんをあらかじめ選んであります。医療の面、ケアの面から考察し、研修終了前にパワーポイントを使って職員にプレゼンテーションをしていただきます。

2.コ・メディカルの業務について理解を深め、経験すること

医師は、研修医であっても現場ではリーダー役を務める必要が出てきます。

コ・メディカルと円滑に連係するためにも各職種の業務を理解することは重要です。

地域医療においてはコ・メディカルの職種、業務は院外に広がっています。できるだけ現場を見てもらえるよう地域医療研修ならではの実習を多数企画しています。

 

3.プライマリ領域の知識・技術を再確認すること

初期研修医は多忙です。プログラム終了時に整理しきれない技術や知識がどうしても出てきます。しかし3年目には先生方は独り立ちして診療する必要があります。

当院ではプライマリ領域の知識・技術を再確認できるよう、医局での学習をお手伝いしています。

  • 救急関連の具体的な処置・薬剤の使用法など
  • 心電図、胸部XP、CT読影、心音、呼吸音の聴診など
  • 認知症治療、NST、緩和ケアに関してなど

特徴

研修医本棚研修医本棚

自分のペースで研修できます。

研修医向けの書籍、DVDなど多数準備してあります。

医師住宅

あけぼの医師住宅(H23年11月新築)

オール電化/家具・家電完備/敷地内に立地/インターネット完備

先輩の声

神田悟医師(2018年2月 1年次研修)

平成30年2月研修医神田先生

2018年の2月に、1カ月間地域医療研修でお世話になりました。神田悟と言います。

私が小国町立病院を選んだ理由は実はあまり積極的な理由ではなく、医局の先輩に勧められたから選びました(ちなみに腫瘍内科です)。先輩達はとてもまじめな人が多く、「研修医レポートをいっぱい作る1ヶ月じゃなくて、地域ならではの研修が出来るよ。」と勧められ、あまりまじめではない私もいってみようかなという気になり選択しました。

実際来てみるとそこまで忙しいわけではなく、しっかり8時半~17時15分で終わるよう予定が組まれていて、その中で地域医療を体験できるよう様々な施設での研修だったり訪問診療だったり、あるいは地域の病院を知るための院内のいろいろな部署での研修だったりが盛り込まれていました。病棟業務など普段の研修でやっていることはせず、1カ月地域医療を集中的に勉強できるのが良いポイントだと思います。

スタッフの皆さんもとてもやさしく気さくで余計なことは気にせず研修に集中でき、研修中は病院から歩いて20歩ほどのきれいな官舎に住め、食事も平日3食出してくれるのでとてもありがたい環境で研修できます。

たった1カ月という期間ですが、だからこそせっかくなら集中して地域医療を勉強するチャンスと考えて、当院を選んでいただければと思います。みんなでお待ちしています。

その他の先輩の感想

  • 地方の病院でも自分が勉強することはたくさんあり、それが患者さんの役に立つことがわかった
  • 地域医療で学びたかったこと(患者に密着する医療や地域と連携する医療)はもちろん、医学知識もたくさん学べた

問い合わせ先

事務部 総務係

  • TEL:0238-61-1111
  • FAX:0238-61-1115
  • e-mail:hospital@town.oguni.yamagata.jp
診療日・時間バナー
外来・当直担当医バナー

お問合せ

小国町立病院

  • 〒999-1356
  • 山形県西置賜郡小国町あけぼの一丁目1番地
  • 小国町立病院電話番号0238-61-1111歯科0238-62-2513
交通アクセスバナー