癒しの園 小国町立病院・老人保健施設「温身の郷」・おぐに訪問看護ステーションの公式ウエブサイト

平成31年3月の研修医を紹介します

3月1日(金)より山形大学医学部附属病院の研修医「三浦崇裕(みうらたかひろ)」先生が着任されました。1カ月間、小国町立病院で研修にあたられます。みなさんよろしくお願いいたします。

メッセージ

山形大学医学部附属病院から来ました、研修医一年目の三浦崇裕(みうらたかひろ)と申します。出身は宮城県仙台市で、大学ではテニス部に所属しておりました。

将来は消化器内科を志望しております。祖父母が宮城県の加美町に在住しており、幼少期より地域医療に大変興味がありまして、今回小国町立病院で研修させて頂けることとなり、故郷に帰ってきたような安心感を覚えているとともに、雄大な自然に感銘を受けておりました。

小国町での一ヵ月間を通して、多職種と連携した地域密着型の地域医療を勉強させて頂き、将来に活かしていきたいと考えております。同時に小国町の魅力を堪能させていただければ幸いです。

一ヵ月という短い間ではありますが、ご指導の程どうぞよろしくお願いいたします。

三浦崇裕研修医