癒しの園 小国町立病院・老人保健施設「温身の郷」・おぐに訪問看護ステーションの公式ウエブサイト

令和元年6月の研修医を紹介します

6月3日(月)より公立置賜総合病院の研修医「荻原理子(おぎはらりこ)」先生が着任されました。1カ月間、小国町立病院で研修にあたられます。みなさんよろしくお願いいたします。

メッセージ

公立置賜総合病院から参りました初期研修医2年目の荻原理子と申します。出身は東京都小金井市というところで将来は腎臓内科を志望しております。

今まで三次医療機関での研修が主であったため、急性期を乗り越え転院していく患者様がその後どのように自宅や施設へと戻っていかれるのか、あまり意識せずにおりました。

今回、地域医療研修として小国町立病院で勉強させて頂く機会を得られたことをありがたく思い、地域密着型の医療について深く学べたらと思います。

一ヵ月という短い間ですが、よろしくお願いいたします。

荻原理子医師